CD 2

昨日は久しぶりに映画を観にいきました。
「SHUTTER ISLAND」
Leonardo DiCaprioはあまり好きな俳優ではないのですが、
これは面白かったです。
2時間18分という長さを感じさせませんでした。
エンドロール見てたら、監督がMartin Scorseseだった。
音楽もRobbie Robertsonが監修してた。
知らなかったな。
Brian Enoとかも入っててよかった。




c0104265_18154199.jpg
★Richard Wright
"Wet Dream"








'78に発表されたアルバムです。
当時は学生だったんですが、
PINK FLOYD好きだったんですぐ買いました。
見開きのダブルジャケットで
Hipgnosisのデザインにすごく魅かれました。

ジャケットの眩しいばかりの蒼さとは裏腹に
しっとりとした、夜に聴きたいような音ですが、
Roger Watersとの当時の確執が反映されていたのかな・・・

発売以来ずっと聴き続けていますが、
飽きないいいアルバムです。


c0104265_1816519.jpg
★Dire Straits
"Love Over Gold "









'82に発表された4枚目の作品ですが、一番好きなアルバムです。
Dire Straitsといえば「Brothers in Arms」が有名ですが、
「Love Over Gold」はDire StraitsというよりMark Knopflerの
ソロアルバムのような作品ですね。
1曲目のTelegraph Road からどんどん引き込まれていきます。
ピックを使わないで指で弾くMark Knopfleの音が優しくて
ピアノと絡まりあいながら昇華していきます。
オススメです。

c0104265_18162638.jpg
★Funkadelic
”Maggot Brain”









'71に発表された3枚目のアルバムです。
このアルバムはFunkっていうよりギター色が強いアルバムですね。
Eddie Hazelは絶対Jimi Hendrixガ好きなんだろうなぁって
思います。
1曲目のMaggot Brainは10分以上の長い曲ですが、
ギターのみのインストです。
しかし、その長さを感じさせない泣きのギターを堪能できます。
Jimi Hendrix好きな方にはオススメですよ。


今日はこの3枚でした。
[PR]
by rock-bar-glam | 2010-08-09 18:18 | 店のこと
<< DVD 16 DVD 15 >>