CD 4


今日は'70の日本のROCKをご紹介します。

c0104265_1914824.jpg
★カルメン・マキ&OZ








'69に「時には母のない子のように」で17歳の時に
デビューしたカルメン・マキ。
いわゆる歌謡曲ですね。
それが、Janis Joplinを聴いたことで
ROCKに転向宣言してBlues Creationを経て
カルメン・マキ&OZを結成し、'75にだしたデビューアルバムがこれ。
今聴いても素晴らしいですね♪
Janisばりのヴォーカルと春日博文のうねるギター。
どうしてこの頃売れなかったんだろうか!?
大学の頃聴いてぶっ飛んだのを思い出します。
機会があったら是非一度聴いて欲しいですね。

c0104265_19142751.jpg
★FLOWER TRAVELLIN’ BAND
"MAKE UP"









'73に発表されたサードアルバム。
'70にジョー山中(Vo)・石間秀樹(G)・上月ジュン(Bs)・和田ジョージ(Ds)
の4人で結成。
同年に内田裕也のプロデュースで「Anywhere」を発表。
翌年アメリカのアトランティック・レコードと契約し「SATORI」を発表。
'73に「MAKE UP」を発表後に解散。
いやぁ、こう書いてても凄いキャリアですね。
当時の日本でアメリカのレコード会社と契約したなんて、
今でもあまりないし、それだけでも凄いことです。
アルバムタイトルのMAKE UPはCMでも使われたので
耳にされた方もいらっしゃるかも!?
この曲だけでなくほかの曲も素晴らしいですよ。
'08に再結成しましたが、今も健在でしたね。
ジョー山中さんは現在肺がんで療養中。
はやく良くなってほしいものです。

c0104265_19144637.jpg
★FLIED EGG
"ドクター・シーゲルのフライド・エッグ・マシーン"








'71に結成され'72に発表されたファーストアルバム。
3ピースバンドでメンバーは、
成毛滋(g)・、角田ヒロ(ds)・高中正義(bs)
という凄いメンツです。
高校時代にGrecoのギターを買うと
「成毛滋のロックギター教室」という教則本とカセットテープが付いてました。
ギターを売った時に一緒に渡しちゃったことを今でも後悔してます。
Led Zeppelinの音の出し方なんて項目もありましたね。
まさにBritish Rockの音で、当時Led Zeppelinが
大好きだった僕は一発ではまりました。
当時では誰も知らなかったハモンドを弾いてるし、
P・Aを持ってきたのも成毛だし、
この人の日本のRockにおける功績はもの凄いと思います。




この頃の日本のRockはホント凄いです。
[PR]
by rock-bar-glam | 2010-08-26 19:15 | 店のこと
<< CD 5 DVD 25 >>