April Come She Will

やっと日中は暖かくなってきましたねー
今年はお花見も行きませんでしたが、
お弁当とビールでも持って外でボーっとしたいですね。


相変わらずの毎日ですが、
最近続けて映画を観にいきました。
Dallas Buyers ClubとMUDです。
どちらもマシュー・マコノヒーが主演ですが、
Dallas Buyers Clubはアカデミーも獲ったことだし、
期待していきました。
c0104265_179774.jpg
1985年ダラス、電気技師でロデオ・カウボーイのロン・ウッドルーフは「エイズで余命30日」と宣告されます。
生きる為にロンは
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走します。
という実話の人間ドラマなんですが・・・

派手な盛り上がりも特にないんですが、たんたんと「人」Vs「社会」を
描いていきます。
マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトの演技が凄かったです。
アカデミーの主演と助演男優賞も納得でした。
いい映画です。



続いてMUD
c0104265_1793875.jpg
親友同士の少年二人が、島に潜む一風変わった男との出会いを通して成長する姿を描いています。この一風変わった男がMUDと名乗るマシュー・マコノヒーなんですが、
まぁ子供がそのまま大人になったような男です。
少年二人がエリス役のタイ・シェリダンとネックボーン役のジェイコブ・ロフランド。


愛がテーマの本当にいい映画でした。
アーカンソー州の南部が主要ロケ地みたいで、この風景がまた良かったです。
余談ですが、このジェイコブがStand by Meの時のリヴァー・フェニックスに凄く似ているんですよ。

個人的にはDallas Buyers Clubより好きな映画でした。


予告であったリヴァー・フェニックのDark Bloodも観たいな。
c0104265_17101632.jpg





















映画といえば、
よかったやつはDVDも買うんですが、
先日届いたのが「凶悪」。
c0104265_17122327.jpg
原作も面白いですが、山田孝之・ ピエール瀧・ リリー・フランキー
の演技が凄いです。
山田孝之さんは好きな俳優さんですが、
ピエールさんやリリーさんは本職ではないのに才能ある人は凄いですね。
こういう映画を観るとまだまだ日本映画も大丈夫だなと嬉しくなります。





最近ある方からオムニバスのCDを頂いたんですが、
その一曲目が凄く気に入ったんで調べて買いました。
それがこれ↓
c0104265_17125442.jpg
住友 俊洋さんていう方のミニアルバムなんですが、
住友さんはTHE SAVOY TRUFFLE~Bluestone Companyを経て活動中の
ギタリストで凄いスライドを弾かれます。



機会があったら& GLAMに置いてますので、
「LONG WAY TO GO」を聴いてみてください。
ブルースロック好きだったら絶対ハマりますよ♪

ギターだけでなくてヴォーカルも凄くいいです。
これまた「凶悪」じゃないですけど、
日本人も凄いなぁって思った次第です。


c0104265_17155555.jpg




出張で来た前の会社の同僚のブルミンと



c0104265_1716174.jpg







どっか連れてけニャ
[PR]
by rock-bar-glam | 2014-04-14 17:27 | 閑話
<< August Osage Co... Stonesとの夜 >>