沖縄にて

10月下旬に沖縄に行って、
映画とお酒と読書を楽しんできました。

【JANIS~LITTLE GIRL BLUE】
c0104265_15293728.jpg

切なくて、悲しくて、重い作品でした。
JANISの、
家族や恋人に宛てた手紙が散りばめられていて、
時間が経つにつれどんどん心がきつくなっていきました。
JANISはとてもキュートで、不器用な女の子でした。
けれど、そんなJANISがとても好きです。

【BOOMERANG】(ミモザの島に消えた母)
c0104265_153011.jpg

家族がテーマの作品です。
30年前に溺死した母の謎を息子が掘り起こしていきます。
父や祖母や妹が反対する中、息子のアントワーヌがそれでも真相を
明らかにしようと追い続けます。

パサージュ・デュ・ゴワという、一日二回干潮の時間だけ現れる道を車で走ってみたい。

真実が明らかになった時は結構ショックでした。
様々な愛の形がありますね。
音楽も良かったのでパンフも買ってしまいました。

【Je vous souhaite d’etre follement aimee】(めぐりあう日)
c0104265_15303274.jpg

韓国から養子としてフランスに渡ったウニー・ルコント監督の2作目。
これも家族がテーマです。
1作目の「冬の小鳥」もそうですが、監督自身を投影した作品です。

理学療法士のエリザは匿名出産をした実母を探すために
施設があった港街ダンケルクで母子で暮らし始めます。
様々な人間模様がみられ、運命と親子の縁を考えさせられました。
ラストで救われました。


3本とも素晴らしい映画でした。


さて読書ですが、趣味というより日常生活です。
今回も何冊か持っていったのですが、
なかでも辻村深月さんの「凍りのくじら」が最高でした。
少し不思議なお話ですが、
主人公の孤独さと不在感が切なく、でも共感できるところも多くて・・・
感動しました。
本は、一度読んで終わりのものと再読したいものに分けます。
「凍りのくじら」は再読ですね。


それにしてもドラえもん。
読みたい・・・


携帯とタブレットがビール没してアドレス等データが全て消えたのはショックだったけど、
映画を観て、
色々なBarで呑んで話して酔っぱらって、
本を読んで、
美味しいご飯を食べて・・・
楽しい時間でした。

沖縄、今度はいつ行こうかな。
[PR]
by rock-bar-glam | 2016-11-09 15:31 | 閑話
<< Art artist 御連絡 >>